会社情報

HTKの歩み

2019年10月
第35回都市公園コンクールで「松阪市スケートパーク」が国土交通大臣賞受賞、姫路競馬場が日本公園緑地協会会長賞受賞
2019年4月
ふくい健康の森と、松坂市総合運動公園に、公共の大規模スケートパークを新設
広島広域公園陸上競技場をレヂンエースで全面改修公認更新と、WA CLASS 2認証更新
2019年3月
姫路競馬場人工芝グラウンド滝川第二校陸上インフィールドへ「Viuシステム」導入
等々力陸上競技場がオーバーレイ改修などで公認更新と、WA CLASS 2認証更新
2020年国体主会場、白波スタジアム(県立鴨池陸上競技場)をレヂンエースで全面改修し公認更新、WA CLASS 2認証更新
パロマ瑞穂スタジアムがオーバーレイ改修などで公認更新と、WA CLASS 2認証更新
2018年4月
人工芝フィールドの表面温度抑制システム「Viuシステム」を新発売
2018年3月
2019年日本選手権会場の福岡市 博多の森 陸上競技場を全面改修 WA CLASS 2認証取得
2017年9月
福井運動公園県営陸上競技場で開催の日本インカレで日本初、男子100m9秒台の新記録誕生
2017年3月
埼玉県営熊谷スポーツ文化公園陸上競技場を全面改修 WA CLASS 2認証更新
2016年12月
レヂンエース・トラック第一号の東京女子体育大学陸上競技場トラックを全面改修
2016年9月
新本社ビルが「2016年度 グッドデザイン賞」を受賞
2016年4月
第73回国体会場、福井運動公園県営陸上競技場が全面改修でリニューアルオープン
2015年10月
新本社ビル竣工(中間免震建物)
2015年3月
味の素ナショナルトレーニングセンター陸上トレーニング場サーフェスを全面張替改修
愛媛総合運動公園メイン・サブを改修 (2017年愛媛国体主会場)WA CLASS 2認証取得
2014年12月
高知県春野陸上競技場が全面改修されWA CLASS 2 認証取得
2014年11月
田辺スポーツパーク陸上競技場新設。インフィールドは投擲対応人工芝でJFA公認166号
北海道厚別公園競技場が全面改修され WA CLASS 2 認証取得
2014年7月
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場がWA CLASS 2認証取得
2014年3月
瑞穂陸上競技場全面改修、WA CLASS 2 施設認証
2013年7月
本社所在地に耐震対策による社屋建替開始。2015年夏頃までの予定で三軒茶屋の仮事務所へ移転
2013年2月
品質マネジメントシステム(ISO9001)に於いて、本社・府中試験所を含む全事業所対象の登録範囲拡大承認
長崎県立総合運動公園陸上競技場新設(第69回長崎国体主会場)
2012年11月
石巻市民球場が、メジャーリーグ、MLB選手会など4団体からの寄付金を主財源に全面人工芝球場として再生
2012年10月
第28回都市公園コンクール(材料・工法)において、札幌市円山競技場が日本公園緑地協会会長賞を受賞
2011年8月
島根県立松江工業高等学校クレイグラウンドが情報化施工で全面改修
2011年7月
アジア陸上選手権 が神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で開催
2011年6月
八千代松陰学園、既存屋外運動施設(約12ha)を大規模全面改修
2011年4月
川崎市等々力陸上競技場がWA CLASS 2認証登録
2011年3月
長野市営陸上がレヂンエース・オーバーレイ改修後、WA CLASS 2認証登録
2010年10月
第26回都市公園コンクール(材料・工法)において、 つくば市「セキショウ・チャレンジスタジアム」が、国土交通省都市・地域整備局長賞を受賞
2009年8月
国立西が丘サッカー場、天然芝ピッチ及び人工芝外周を全面改修
2009年3月
本社とその関連事業所の府中試験所が、ISO14001の認証を取得
2008年8月
秩父宮ラグビー場の天然芝を全面張替改修
2008年3月
川崎市等々力陸上競技場がメイン・サブ共にレヂンエースで施工
2007年11月
神奈川県立保土ケ谷公園 ラグビー場をロングパイル人工芝に改修し日本ラグビー協会より承認
2007年1月
ナショナルトレーニングセンター中核拠点施設 屋外トレーニング施設(陸上競技場)竣工
2005年11月
神戸市ユニバー記念陸上競技場が、WA CLASS1トラックとして認証登録(2016年よりCLASS2)
2005年10月
10月第21回都市公園コンクール(施設・材料・工法)において、草薙陸上競技場が日本公園緑地協会会長賞を受賞
2004年5月
新潟市ビッグスワンが、日本で第1号のWA CLASS1トラックとして認証登録(2019年よりCLASS2)
2004年4月
第61回国体会場、神戸総合運動公園ユニバー記念陸上競技場が竣工
2003年6月
第64回国体会場、新潟市ビッグスワン陸上競技場が竣工し、日本初のWA CLASS1の認定試験に合格
2003年5月
第59回国体会場、埼玉県立熊谷スポーツ文化公園陸上競技場が竣工
2002年10月
第18回都市公園コンクール(施設・材料・工法)において、栃木県芳賀郡益子町南運動公園が審査委員会特別賞を受賞
2001年2月
レヂンエースがWA(世界陸上競技連盟)の全天候型公式舗装材として認証登録
2000年11月
第16回都市公園コンクール(施工部門・工法)において、北海道芦別市なまこ山総合運動公園陸上競技場が建設省都市局長賞を受賞
1999年11月
第15回都市公園コンクール(施工部門・公園施設)において、山形県鶴岡市小真木原野球場が建設省都市局長賞を受賞
1998年12月
北関東支店において、業界初のISO9001認証取得
1998年10月
第14回都市公園コンクール(施工部門・工法)において、高槻市萩谷総合公園サッカー場が建設省都市局長賞を受賞
1998年3月
第54回国体主会場・熊本県民総合運動公園陸上競技場が竣工
1997年10月
第13回都市公園コンクール(施工部門・造園修景)において、埼玉県吉見町ふれあい広場が日本公園緑地協会会長賞を受賞
1993年10月
第9回都市公園コンクール(施工部門・工法)において、新潟県新井市運動公園が建設省都市局長賞を受賞
1991年4月
レヂンエースがWA(国際陸上競技連盟)制定の「全天候型トラック品質規格」に合格
1989年4月
第5回都市公園コンクール(設計部門)において、鹿児島県加世田運動公園が建設省都市局長賞を受賞
1988年10月
第4回都市公園コンクール(施工部門・公園施設)において愛知県小牧市民球場が建設事務次官賞を受賞
1985年10月
第1回都市公園コンクール(施工部門・公園施設)において神戸総合運動公園陸上競技場が建設大臣賞を受賞
1979年8月
国立霞ヶ丘競技場をレヂンエース走路に改修
1975年12月
ポリウレタン系全天候型弾性舗装材レヂンエースを開発
1973年9月
国立霞ヶ丘競技場にタータン走路を完成、国立競技場から表彰を受ける
1968年7月
アジア地域最初のポリウレタン系全天候型舗装・タータン走路を東京体育館陸上競技場に完成、(財)日本体育協会から表彰を受ける
1949年2月
長谷川体育施設株式会社を設立

Pagetop