工法

ガーネットエース

天然鉱物ガーネットを最適な粒形に加工し混合土へ配合

ガーネット・サンドは、中国内モンゴルで算出した天然鉱物ガーネットをグラウンドに最適な粒形に加工した改良材で、人体や環境にも無害です。ガーネット・エース工法は、これを母材土や既存土に混合撹拌し、改良混合土として舗装する工法です。

ガーネットエースの特徴

防塵性
ガーネットサンドは比重が大きく(比重3.9・単位体積重量2.1ton/m3)飛散・流動しにくい。
また、硬度が高いため組織構造が壊れにくく、砂塵化しにくい。
透水性
ガーネットサンドは非含水な為、透水性(排水性)に優れ、水はけが良いので泥濘化しにくい。
粒形
丸みのある粒形(セミアンギュラータイプ)のため固結化を防止し、擦過傷が生じにくいため安全。
色彩
黒褐色の天然鉱石特有の美しい色調。脱色はない。

これらの特長により、最適なクレーグラウンドを実現する事が出来ます。維持管理は軽微で、良好なコンディションが持続します。

ガーネットエース断面
ガーネットサンド

施工事例

ガーネットサンド

東京都板橋区 学校法人城北学園グラウンド 2013年9月完成

Pagetop